愛知県日進市の日進測量設計株式会社です。測量をはじめ、土木設計、官公庁諸申請、不動産登記業を行っております。

日進測量設計株式会社 TEL:052-848-8373 FAX:052-848-8374

営業時間:9:00~18:00  定休日:日曜日、祝日

愛知県日進市周辺の土地測量、土木設計、官公庁諸申請、不動産登記は日進測量設計株式会社の新着情報

  • ホーム
  • 業務案内
  • ご相談ください
  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
  • 新着情報

一般の方々のよくある身近な質問など、まとめました。

お問い合わせ

-------- :

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-06-25 :

登記・測量のQ&A NO.027「建物を新築した時」

こんにちは。

登記・測量に関する基礎的な情報を
身近な事例としてわかりやすくお伝えしております。

今回は「建物を新築した時」 です。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆登記・測量のQ&A 第027号
「建物を新築した時」
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
前回は「家屋番号」についてお話ししました。
家屋番号は、建物の種類や建物の構造と同様に建物を特定するための登記事項で
登記を見た人がその建物を正しく理解するための判断材料となること
登記所(登記官)が一個の建物ごとに付ける番号であることなどを
お話ししました。

今回は「建物を新築した時」についてお話ししましょう。

問い
────────────────────────────────
今度家を新築しようと考えています。
家を新築した際にはどのような登記をすればいいのでしょうか?

答え
────────────────────────────────
建物を新築した場合に必ずしなければならないのが「建物表題登記」です。

建物表題登記は、その建物の所有者が
建物の完成後1カ月以内に申請しなければなりません。
また、まだ登記されていない建物を購入した場合には
その所有権を取得した人が、所有権を取得した日から
一カ月以内に申請しなければなりません。

この建物表題登記には申請義務があり、申請を怠ると罰則もあります。
法律には、「申請をすべき義務がある者がその申請を怠ったときは
十万円以下の過料に処する」と規定されています(不動産登記法第百六十四条)。

建物表題登記がなされると、不動産登記簿の表題部に
建物の所在・地番・家屋番号・種類・構造・床面積などが記載されます。

申請義務があるのは建物表題登記だけですが、その建物の所有権を
他人(第三者)に主張するためには所有権の保存登記をしなければなりません。
また、銀行から融資を受ける場合には抵当権設定登記をするのが一般的ですが
抵当権設定登記に先立ち保存登記をしておく必要があります。

所有権保存登記がなされると、不動産登記簿の権利部甲区に
その建物の所有者は誰で、いつ、どんな原因(売買、相続など)で
所有権を取得したのかなどが記載されます。
抵当権設定登記は、不動産登記簿の権利部乙区に記載されます。

これらの登記申請業務を行うのは、土地家屋調査士と司法書士です。
建物表題登記は土地家屋調査士が行い、所有権保存登記・抵当権設定登記は
司法書士が担当します。

登記の順序としては、まず最初に建物表題登記を行わなければなりませんので
業務の流れは土地家屋調査士からはじまることになります。

以上、建物を新築した時について簡単にご紹介しました。
詳細をお知りになりたい場合には、お近くの土地家屋調査士におたずねください。

今回はここまでです。
次回は「建物を増築・改築した時」について配信する予定です。

どのような内容なのか、楽しみにお待ち下さい。

────────────────────────────────

私達、土地家屋調査士は市民生活と密接に関係する土地・建物について
登記・測量の分野で深く関わっております。

ご質問、ご相談は、当社までお気軽にご相談下さい。


                    執筆  土地家屋調査士 都築 功
スポンサーサイト
2015-06-18 :

登記・測量のQ&A NO.026「家屋番号とは?」

こんにちは。

登記・測量に関する基礎的な情報を
身近な事例としてわかりやすくお伝えしております。

今回は「家屋番号とは?」 です。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆登記・測量のQ&A 第026号
「家屋番号とは?」
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
前回は「建物の構造」についてお話ししました。
建物の構造は、建物の種類と同様に、建物を特定するための登記事項で
登記を見た人がその建物を正しく理解するための判断材料となること
建物の構造が変更になったときには、1ヶ月以内に建物の表題部の
変更の登記を申請しなければならないことなどをお話ししました。

今回は「家屋番号」についてお話ししましょう。

問い
────────────────────────────────
建物の登記簿には「家屋番号」という事項がありますが
この「家屋番号」とはどういったものなのでしょうか?

答え
────────────────────────────────
家屋番号(かおくばんごう)は、前2回のお役立ち情報に書いた
「建物の種類」や「建物の構造」と同様に、建物を特定するために
登記事項とされており、登記所(登記官)が一個の建物ごとに付ける番号です。
家屋番号は、通常その建物の敷地の地番と同じ番号が付きます。

参考図1:
 http://www.to-ki.jp/data/VOL-073_1.gif

また、同一の敷地(一筆の土地)に複数の独立した別個の建物があるときには
敷地の地番と同じ番号に支号が付きます。

参考図2:
 http://www.to-ki.jp/data/VOL-073_2.gif

さらに、一個の建物が、複数の敷地(二筆以上の土地)に
またがって建っているときには、床面積の多い土地の地番と
同一の番号が付きます。

参考図3:
 http://www.to-ki.jp/data/VOL-073_3.gif

ちなみに、法律(不動産登記規則)では次のように定められています。

----------(引用:ここから)----------
第百十二条  家屋番号は、地番区域ごとに建物の敷地の地番と
同一の番号をもって定めるものとする。
ただし、二個以上の建物が一筆の土地の上に存するとき
一個の建物が二筆以上の土地の上に存するとき
その他特別の事情があるときは、敷地の地番と同一の番号に
支号を付す方法その他の方法により、これを定めるものとする。
----------(引用:ここまで)----------

以上、家屋番号について簡単にご紹介しました。
詳細をお知りになりたい場合には、お近くの土地家屋調査士におたずねください。

今回はここまでです。
次回は「建物を新築した時」について配信する予定です。

どのような内容なのか、楽しみにお待ち下さい。

────────────────────────────────

私達、土地家屋調査士は市民生活と密接に関係する土地・建物について
登記・測量の分野で深く関わっております。

ご質問、ご相談は、当社までお気軽にご相談下さい。


                    執筆  土地家屋調査士 都築 功
2015-06-12 :

スーパーニッシーとくとく商品券

こんにちは。

現在、敷地の測量及び農地転用・建築許可等の予定がある方は、スーパーニッシーとくとく商品券を利用してご依頼できますのでドシドシご相談お待ちしてます。
もちろん、新築の建物登記や土地の地目変更登記・分筆登記等もOKですよ。
2015-06-11 :

登記・測量のQ&A NO.025「建物の構造とは?」

こんにちは。

登記・測量に関する基礎的な情報を
身近な事例としてわかりやすくお伝えしております。

今回は「建物の構造とは?」 です。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆登記・測量のQ&A 第025号
「建物の構造とは?」
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
前回は「建物の種類」についてお話ししました。
建物の種類は、建物を特定するための登記事項で
登記を見た人がその建物を正しく理解するための
判断材料となること、建物の種類が変更になったときには
1ヶ月以内に建物の表題部の変更の登記を
申請しなければならないことなどをお話ししました。

今回は「建物の構造」についてお話ししましょう。

問い
────────────────────────────────
私の家は瓦屋根ですが、今度改築するのを機に屋根の種類を変えようと
思っています。
建物の屋根を変更する場合、建物の構造を変更する登記が必要だと聞きました。
この「建物の構造」とはどういったものなのでしょうか?

答え
────────────────────────────────
建物の構造(たてもののこうぞう)は、前回のお役立ち情報に書いた
「建物の種類」と同様に、建物を特定するために登記事項とされています。
そして、建物の構造が変更になったときには、その所有者は1ヶ月以内に
建物の表題部の変更の登記を申請しなければなりません。

建物の構造の定め方については、法律(不動産登記規則)で
次のように定められています。

----------(引用:ここから)----------
第百十四条 建物の構造は、建物の主たる部分の構成材料
屋根の種類及び階数により、次のように区分して定め
これらの区分に該当しない建物については、これに準じて定めるものとする。
一 構成材料による区分
 イ 木造
 ロ 土蔵造
 ハ 石造
 ニ れんが造
 ホ コンクリートブロック造
 ヘ 鉄骨造
 ト 鉄筋コンクリート造
 チ 鉄骨鉄筋コンクリート造
二 屋根の種類による区分
 イ かわらぶき
 ロ スレートぶき
 ハ 亜鉛メッキ鋼板ぶき
 ニ 草ぶき
 ホ 陸屋根
三 階数による区分
 イ 平家建
 ロ 二階建(三階建以上の建物にあっては、これに準ずるものとする。)
----------(引用:ここまで)----------

建物の構造は、登記を見た人が、その建物を正しく理解するための
判断材料となりますので、「建物の種類」の場合と同様に
上記区分に該当しない場合には、新しい構造を登記することが
できる事になっています。

以上、建物の構造について簡単にご紹介しました。
詳細をお知りになりたい場合には、お近くの土地家屋調査士におたずねください。

今回はここまでです。
次回は「家屋番号」について配信する予定です。

どのような内容なのか、楽しみにお待ち下さい。

────────────────────────────────

私達、土地家屋調査士は市民生活と密接に関係する土地・建物について
登記・測量の分野で深く関わっております。

ご質問、ご相談は、当社までお気軽にご相談下さい。


                    執筆  土地家屋調査士 都築 功
2015-06-04 :

登記・測量のQ&A NO.024「建物の種類とは?」

こんにちは。

登記・測量に関する基礎的な情報を
身近な事例としてわかりやすくお伝えしております。

今回は「建物の種類とは?」 です。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆登記・測量のQ&A 第024号
「建物の種類とは?」
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
前回は「用途地域」についてお話ししました。
用途地域は、用途や使用目的が違う建物が
同一地域に混在しないようにするために定められたもので
全部で12種類あること。
用途地域が指定されると、建てられる建物の種類が
制限されることなどを
お話ししました。

今回は「建物の種類」についてお話ししましょう。

問い
────────────────────────────────
種類が「店舗」で登記されている建物を改造して住宅として
使おうと思っています。
建物の形状や床面積は変わらないのですが、建物の種類を変更する
登記が必要だと聞きました。
この「建物の種類」とはどういったものなのでしょうか?

答え
────────────────────────────────
建物の種類(たてもののしゅるい)は、建物を特定するために
登記事項とされています。
そして、建物の種類が変更になったときには、その所有者は1ヶ月以内に
建物の表題部の変更の登記を申請しなければなりません。

建物の種類の定め方については、法律(不動産登記規則)で
次のように定められています。

----------(引用:ここから)----------
第百十三条 建物の種類は、建物の主たる用途により
居宅、店舗、寄宿舎、共同住宅、事務所、旅館、料理店、工場、倉庫、車庫、
発電所及び変電所に区分して定め、これらの区分に該当しない建物については
これに準じて定めるものとする。

2 建物の主たる用途が二以上の場合には
当該二以上の用途により建物の種類を定めるものとする。
----------(引用:ここまで)----------

建物の種類は、登記を見た人が、その建物を正しく理解するための
判断材料となりますので、上記区分に該当しない場合には
新しい種類を登記することができる事になっています。

最近では、建物の利用目的も多様化し
様々な建物が建てられるようになりましたので
新しい種類で登記される建物も増えていくものと
思われます。

以上、建物の種類について簡単にご紹介しました。
詳細をお知りになりたい場合には、お近くの土地家屋調査士に
おたずねください。

今回はここまでです。
次回は「建物の構造」について配信する予定です。

どのような内容なのか、楽しみにお待ち下さい。

────────────────────────────────

私達、土地家屋調査士は市民生活と密接に関係する土地・建物について
登記・測量の分野で深く関わっております。

ご質問、ご相談は、当社までお気軽にご相談下さい。


                    執筆  土地家屋調査士 都築 功
プロフィール

nisshinsurveying

Author:nisshinsurveying
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
topArrow
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。